会長挨拶

president

全国社会科教育学会は、社会系教科の教育の在り方を学問的に究明し、その実践の充実・発展を図ることを目的とする研究者・実践者などの集まりです。第二次大戦後、日本に導入された社会科の歴史は70年を超えました。それを研究対象とする本学会も70年近い歴史を持ちます。

社会系教科が目的とする“社会を分かる”“社会の構成員としての資質・能力を身につける”ということは、社会的・文化的・歴史的文脈によって様々な考え方が成り立つため、社会や国家そして時代をこえて、唯一の正しい在り方を求めることはできないでしょう。しかし、それゆえに、社会や国家をこえた研究方法論や仮説、データ、成果などの共有は有益であり、必要かつ可能でしょう。研究方法論を共有してこそ、彼我の異同を理解し、それを受容・解消する方途を考えることもできるのではないでしょうか。学会とはまさにそのような場です。

日本では、第二次世界大戦以前は社会系教科の教育に関する研究は学問的なものにはなりませんでした。必要性も可能性もなかったからです。戦後、授業に対する教師の自由と責任が生まれたことによって、すなわち本質、目標、内容、方法を一体として考察する必要性と可能性の発生が社会科教育に関する学問的研究の成立・発展をもたらしました。

こうした中、全国社会科教育学会の活動も国内・国際において拡大・充実してきました。近年では、様々なプロジェクトを実施してきて、会員個々人の研究発表の場と言うだけではなく学会自体が積極的に会員の研究促進の役割を果たそうとしています。社会のあらゆる領域で進んでいる国際化は、本学会の活動にも影響しています。アジア・太平洋地域に拠点を置く社会科教育の学術研究団体を構成員とする国際社会科教育学会 (英文名:International Social Studies Education Research Association / 略称 ISSA)の立ち上げで主導的な役割を果たし、加盟学会が国際的な研究と実践活動を通して,社会科教育の発展と学会相互の交流と連携を図ることを積極的に推し進めています。また、活動の拡大・充実に伴って委員会活動の拡充・発展が必要となる中で、従来の組織・活動では十分な対応が難しくなっているため、新たな委員会活動のあり方を構築し、それに伴って会務分掌も見直しも行っています。

皆様が、全国社会科教育学会の活動を通して、社会系教科のあり方を深く考えていただき、その結果、日々の授業がより良いものになっていくことを願っています。

全国社会科教育学会会長  棚橋健治(広島大学大学院教育学研究科)

(2019年5月14日更新)

お問い合わせ

全国社会科教育学会 事務局

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学研究室 気付

【TEL】 082-424-4670
【FAX】 082-424-5083

お問い合わせ

第68回全国社会科教育学会
研究大会のお知らせ
日程:
2019年11月9日(土),10日(日)
場所:
島根大学教育学部(松江キャンパス)

    

詳細(第68回全国社会科教育学会全国研究大会HP)はこちら