「研究推進プロジェクト」の公募


全国社会科教育学会では,総会・会報でご案内の通り,「研究推進プロジェクト」を2021年3月1日締め切りで募集しております。本プロジェクトは,全国社会科教育学会が,現職教員,大学院生および研究者等が連携して実施する研究会・研修等の事業を幅広く支援し,会員の活動を活性化させることを目的として,会員が企画し運営する研究・研修等の事業を,原則として1件5万円を上限に,年間3件程度を助成します。応募書式は、学会HPからダウンロードしてください。送付先は、申請書をご確認ください。



過去の採択事業(事業テーマは申請時のもの。敬称略)
2016年度(3件)
・岡山社会科授業研究会(代表:井上昌善)
「能力ベースによる小中高一貫社会科授業開発研究-議論する力に着目して-」

・鹿児島社会認識教育研究会(代表:田口紘子)
「表現力育成を図る社会科授業の研究-学習新聞作成による認識と表現の結びつきを焦点に-」

・日韓相互理解研究会(代表:金鍾成)
「国民アイデンティティー,そして他者との対話」

2017年度(5件)
・目指す社会科授業を創る会(代表:胤森裕暢)
「教師は,自らの中学校社会科授業を,いかに創ればよいか?」

・小学校社会科教材開発研究会(代表:紙田路子)
「コンピテンシーベースの資質・能力の育成を目指した小学校社会科授業実践研究」

・社会科教員養成カリキュラム研究会(代表:大坂遊)
「カリキュラム運用の実態解明とその教師教育的意義-批判的同僚集団による相互授業分析を中核として-」

・アジア主権者教育研究会(代表:神野幸隆)
「日本・中国・インドネシアにおける主権者教育の比較研究」

・日本史Aカリキュラム開発プロジェクトグループ(代表:斉藤仁一朗)
「主題史学習を取り入れた日本史カリキュラムの実践研究-逆向き設計論に基づく教師の自主的・主体的なカリキュラム・デザイン―」

2018年度(1件)
・初等教員養成と生活科・社会科を考える会(代表:渡邉巧)
「社会科の専門家たちは,いかに生活科の構想・発展に取り組んできたのか?-教員養成・研修の理念と実践を中心にして-」

2019年度(3件)
・未来につなぐ社会科の会(代表:片山博子)
「開発的な社会科指導の実践のための一研究~経験ある教員と若手教員の協働的な開発研究を通して~」

・歴史を学ぶ意義を実感させる授業開発研究会(代表:西村豊)
「高校生の歴史学習に対する意識に関する実証的研究-進路意識との関係性に着目して-」

・社会科教師の力量形成に校内の教師教育者はいかにアプローチすればよいか(代表:胤森裕暢)
「校内の教師教育者である校長が社会科教育研究者と協働し,若手中学校社会科教師の量形成のための場をつくる-授業構成力を向上するための指導計画を媒 介とした協議会の工夫・改善を中心に-」

2020年度(1件)
・コンピテンシーと授業と学び研究会(代表:堀田諭)
「公共圏参入場面における子どもの個の関心・価値観の折り合わせに関する教育研究-小学校低学年を事例として-」